BOOK

【必見】習慣を変えるおすすめ本要約

eyecatch
悩み人
・いい習慣をつくりたい

・悪い習慣を断ち切りたい

 

このような悩みにお応えします。

 

今回紹介する本はコチラ。

 

メンタリストDaiGoさんの超習慣術です。

 

本書には、「いい習慣の続け方」「悪い習慣の断ち切り方」などが紹介されています。

 

習慣化は英語の勉強やダイエットなど、様々な場面で役に立つので必読レベルです。

 

意志の力だけでやり抜くのはかなり苦痛を伴うので、習慣化して自動的にこなせるようになると嬉しいですよね。

 

習慣化する方法を身につけて人生を変えていきましょう。

 

【超習慣術】3つのポイントで要約

3_point

本書を次の3つのポイントに絞って要約します。

1.そもそも習慣とは?

2.いい習慣のつくり方

3.悪い習慣の断ち切り方

 

2と3では、それぞれ僕が気になったテクニックを1つピックアップして紹介します。

 

それでは、順に解説していきます。

 

【超習慣術】そもそも習慣とは?

what_is_habit

本書の冒頭に習慣に関する3つの誤解が書かれています。

 

誤解①:習慣づくりはつらい

これはむしろ逆です。

何かをやるときは習慣にしてしまった方がラクなんですね。

 

実際に毎日朝起きて顔を洗って歯を磨いてますよね。

これがしんどくてたまらないという人はいないと思います。

 

このように、何かやりたいことがあるときは積極的に習慣にしてしまうとラクになります。

 

誤解②:自分の行動は自分の意志でコントロールしている

あなたは、1日のうちにどれぐらい習慣的な行動を取っていますか?

 

本書ではこう述べられています。

テキサスA&M大学の学生に対して行った研究では、人間が過ごしている時間の3分の1から2分の1くらいは習慣的な行動で締められているという結果が出ました。

(短期間で"よい習慣"が身につき、人生が思い通りになる!超習慣術 p.8)

 

なんと、1日のおよそ半分の行動が習慣的な行動に絞められています。

 

だから、習慣を変えれば人生の半分の行動は変えられるということです。

 

誤解③:習慣をつくるには強い意志力が必要

習慣をつくるとなると自分を律して、誘惑を排除して、ストイックに立ち向かうイメージがありますよね。

これには相当な意志力が必要そうです。

 

でも、実際はちがいます。

 

習慣づくりにはテクニックがあります。

そのテクニックを駆使して習慣づくりをこなしていく中で意志力が鍛えられていきます。

 

なので、これまでダイエットや禁煙に失敗してしまった人も諦めることはありません。

やり方を知らなかっただけです。

 

【超習慣術】いい習慣のつくり方

good_habit

いい習慣をつくるときのテクニックとしてIf then プランニング」を紹介します。

 

【習慣を変える】If then プランニング

このテクニックは、「Aのときに、Bをする」という風に習慣化したい行動のタイミングをあらかじめ決めておくテクニックです。

 

たとえば、「お風呂からあがったら、ストレッチを10分する」などです。

 

本書は、If then プランニングの特徴を次のように説明しています。

人間はもともと「敵が現れたら逃げる」「おいしそうな食べ物を見つけたら取りに行く」というように、「ある状況が起こったらこの行動をとる」という生存のために有利なIf then プランニングをいくつも脳に組み込んで進化してきた生き物です。

ですからIf then プランニングとは、人間が無意識に使っているシステムのなかでも"脳がいちばん理解しやすい文法"なのです。

(短期間で"よい習慣"が身につき、人生が思い通りになる!超習慣術 p.49-50)

 

If then プランニングを実践していく上で有効なのが、行動を複数選択式にしておくことです。

たとえば、運動であればこのような感じにします。

仕事から帰宅後、

(時間がある)1時間ジョギングする

(時間がない)30分ジョギングする

 

常に1時間やるのはしんどいですよね。

そこで、軽くした行動も可能にしておくことで、「やらない」ということを防ぎます。

 

この方法は他の習慣をつくる方法の2倍以上の効果があるので、ぜひ実践してみてください。

ちなみに、僕は「お風呂から上がったら、体重計に乗る」といったIf then プランニングを行っています。

 

【超習慣術】悪い習慣の断ち切り方

bad_habit

悪い習慣を断ち切るテクニックとして「悪い習慣のトリガーを見つける」を紹介します。

 

【習慣を変える】悪い習慣のトリガーを見つける

これは悪い習慣そのものではなく、その前の状態に目を向けます。

 

ついつい間食してしまうときは、どのようなときでしょうか?

 

仕事が落ち着いてコーヒーを飲んでいたら、ついついお菓子に手が伸びる・・・。

 

このような状態のときは、コーヒーを飲むことが間食のトリガー(引き金)になっている可能性があります。

なので、コーヒーをお茶にしてみるといいかも知れませんね。

 

悪い習慣をしてしまって「自分はダメなヤツだ」と落ち込むのではなく、「コーヒーを飲むと、ついついお菓子が欲しくなるな。じゃあ、コーヒーからお茶にしてみよう」といった感じで、トリガーを探ってそれを入れ替えるのが、このテクニックです。

 

まとめ:習慣を変えて人生を変えよう

summary_habit_change

いかがだったでしょうか?

 

今回ご紹介したのは、ほんの一部なのでぜひ本書を買って人生を変えてみてください。

 

If then プランニングや悪い習慣のトリガーを見つけて入れ替えて試していると、ゲームのような感覚になってきて楽しくなってきますよ。

 

それでは!!

-BOOK
-, ,

© 2020 eureka