BLOG

グーグルアドセンス審査に受かるための手順と10の確認項目

はい、どうも。みつ(mitsu8bun)です。

悩み人
・Googleアドセンスの審査ってどうやって申請するの?

・Googleアドセンスの審査ってどうやったら受かるの?

 

このような疑問にお答えする記事を書きました。

 

いきなりアフィリはハードル高いよ。。。まずはアドセンスでコツコツ稼ぎたいなぁ。

という方は、ぜひ参考にしてください!!(それ以外の方も歓迎です。笑)

Googleアドセンスの審査とは?

Googleアドセンス審査とは

まずは、Googleアドセンスそのものについて説明します。

 

Googleアドセンスとは、Googleが提供する広告配信サービスです。

eurekaでは、タイトルの下やサイドバーの一番上に入っているのがGoogleアドセンスの広告です。

 

Googleアドセンスという仕組みのおおまかな流れはこんな感じです。

Googleアドセンスのフロー

Googleアドセンスの審査に申請する

合格する

Googleアドセンスで広告を作る

サイト運営者がWebサイトに広告を貼る

読者が広告をクリックする

サイト運営者に報酬が支払われる

 

このようにGoogleから提供される広告を利用して報酬を得るので、この人のWebサイトはユーザーにとって有益か?といった審査があるわけです。

 

Googleアドセンスの審査前にすること

Googleアドセンス審査前にすること

Googleアドセンスを始めるには自分のWebサイト(=ブログ)が必要です。

そして、ブログを開設するにはWordPressが断然オススメです。

というのも、Googleアドセンスの審査には独自ドメインが必要だからです。

ポイント

ドメインとは、「https://eurekablog.net/hogehoge/」の太字部分のこと。

独自ドメインは、当ブログのようなお名前.com等で取得した自分独自のドメイン。

独自ではないドメインは、はてなブログのhttps://xxxx.hatenablog.com/や、アメーバブログのhttps://ameblo.jp/xxxx/のこと。

この独自ドメインを使用してブログを開設する場合、WordPressを使用して行っているユーザーが圧倒的に多く、困ったときに検索で調べやすいのでオススメしています。

またWordPressはカスタマイズがかなりできるので、自分の作りたいイメージに合ったブログを作れることも魅力です。

 

ここでも審査前にすることをおおまかにまとめておきます。

Googleアドセンスの審査前にすること

①レンタルサーバーの契約

②独自ドメインの取得

③WordPressでブログの開設

④記事を数本アップ

ちなみにeurekaでは独自ドメインはお名前.comで取得しました。

こちらはまぁメジャーなところから選んだカンジですね。

 

レンタルサーバーはmixhostです。

mixhost

他に有名にレンタルサーバーとしては、エックスサーバーがあります。

性能的には気にするほどの違いがないため、サービス内容での比較になると思います。

僕がmixhostを選んだ理由は、バックアップからの復元が無料だったからです。

あと、マナブさんが勧めていたというのが大きいです(笑)

【初心者向け】WordPressでアフィリエイトを始める方法【中学生OK】

Googleアドセンス審査を通るための心得

Googleアドセンス審査を通るための心得

「内容」と「記事」という切り口から解説します。

内容について

Googleアドセンスの審査基準は明確にされていませんが、これまで様々な人が挑戦した経験則から1つのジャンルに特化したブログであることが重要視されていることがわかっています。

なぜなら、それがユーザーにとって有益だからです。

知らない人の晩御飯とか、ぶっちゃけどうでもいいですよね?

それよりも今困っていることを解決してくれる情報を知りたいと思うのが普通です。

特化ブログにすることで解決に役立つ情報になりやすいため、審査では重要視されているというわけです。

記事について

Googleアドセンス審査の通過に必要な記事数については、10記事とも20記事とも言われていますが、僕の実績でいうと4記事で合格しました。

記事名 カテゴリー 文字数
Twitterのカード画像の設定方法について SNS 1,144
転職で公務員社会人枠を目指す人必見!

(公務員の種類や試験内容について)

KOMUIN 2,601
WordPress無料テーマに吹き出しを追加する方法 BLOG 1,533
元SEが解説するロジカルシンキングとは何か BOOK 1,737

カテゴリーこそ1つではありませんが、内容的には「ブログ初心者の疑問」「公務員志望者の疑問」「仕事をする上での疑問」に応えられるような記事になっています(=ブログの有益性)。

文字数については、1,000文字そこそこでも通っています。

そのため、明らかに記事をアップロードするのが目的の300文字や500文字だと問題だと思いますが、「がっつり3,000文字!」みたいなボリュームはいりません。

 

また、カテゴリーについては、空のカテゴリーがあっても問題ありません。

僕は「PROGRAMMING」という空のカテゴリーがありました。

 

Googleアドセンス審査でしてはいけないこと

Googleアドセンス審査でしてはいけないこと

前述のとおりGoogleアドセンス審査の通過基準は明確にされていませんが、いくつかのアウト基準は明確にされています。

それが、①制限されているコンテンツを含まない②禁止されていることをやらないです。

①制限されているコンテンツ

Googleから禁止されているコンテンツです。

性的なコンテンツ・・・ヌード、性癖、性的な商品(サプリ含む)などの販売

ユーザーに強いショックや不快感を与えるコンテンツ・・・陰惨な生々しい表現、暴力行為、過度な悪態や冒涜的表現

爆発物に関するコンテンツ・・・爆弾の販売や爆弾の製造方法についての解説

銃や銃の部品と関連商品に関するコンテンツ・・・拳銃やエアガン、3Dプリントで作った銃などの販売、弾薬や弾倉、サイレンサーなどの販売、銃火器の組み立てや機能強化についての解説

その他の武器および兵器に関するコンテンツ・・・手裏剣やテーザー銃、ナイフなどの販売

タバコに関するコンテンツ・・・タバコやタバコに関する製品の販売

危険ドラッグに関するコンテンツ・・・禁止されている薬物の販売、禁止されている薬物の使用方法などの解説

アルコールの販売や乱用に関するコンテンツ・・・アルコール飲料のオンライン販売、無責任な飲酒の助長

オンライン ギャンブルに関するコンテンツ・・・オンラインの現金賭博、換金可能なアイテムの取引の宣伝

処方薬に関するコンテンツ・・・処方薬の販売、オンライン薬局

未承認の医薬品やサプリメントに関するコンテンツ・・・未承認の医薬品やサプリメントの販売

Google Play ストアから削除されたアプリ・・・Google Play ポリシーに違反しているアプリ

Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限コンテンツ

「・・・」以降は抜粋になっていますので、掲載予定の記事が該当しそうな場合はリンクからGoogle公式に飛んで内容を確認してください。

あと、上記の引用は2020/1/12時点の内容なので、時間が経っている場合も随時リンクから確認するようにしてください。

 

③禁止されていること

Googleが禁止していることです。

誤クリックの誘導
広告の不自然なアピール
誤解を招く見出しの下での広告配置
画像と広告の並列配置
スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイトレイアウト
広告フォーマットに似せたコンテンツ
報酬の提供
広告と Flash ゲームの間隔(150px以上空ける)

適切な広告配置
価値の高い広告枠
自動更新広告
手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページでの広告掲載
動的なコンテンツが主な要素となっているページやサイトでの広告掲載
メールでの広告掲載
ソフトウェア アプリケーションでの広告掲載
別ウィンドウでの広告掲載
ポップアップ / ポップアンダー ウィンドウでの広告掲載
ポップアップまたはポップアンダーを表示するサイトでの広告掲載
Google が評価できないコンテンツでの広告掲載
他のサイト運営者様と同じページやサイトでの広告掲載
ホスト型サイト(Blogger など)での広告掲載
ページに第三者のサイトを表示

広告のプレースメントに関するポリシー

つらつらと書かれていますが、「間違えて広告を押すような配置にしないでね」「広告はズルすることなく適切に配置してね」といったことを述べています。

こちらも具体的に知りたい場合はリンクから確認してください。

また、こちらの引用も2020/1/12時点の内容なので、時間が経っている場合は随時リンクから確認するようにしてください。

 

Googleアドセンス審査の申請方法

Googleアドセンス審査の申請方法

それでは、ここから本題のGoogleアドセンス審査の申請方法です。

①Googleアカウントの作成

Googleアドセンス審査にはGoogleアカウントが必要なので取得しておきます。

取得済の場合は②に進みます。

②Googleアドセンスアカウントの作成

Googleアドセンスのページの「お申し込みはこちら」をクリックして、必要な情報を入力していきます。

必要な情報はこちらになります。

アカウント作成に必要な情報

①WebサイトのURL

②メールアドレス

この他にも国の指定などがありますが、「日本」を選んで規約に同意して進めばOKです。

③お客様情報の入力

アカウントの作成が完了したら、お客様情報の入力に進みます。

お客様情報の入力に必要な情報はこちらです。

お客様情報に必要な情報

①氏名

②住所

③電話番号

ここで注意することは、③電話番号は固定電話ではなくスマホの電話番号にしてください

この後の二段階認証はショートメッセージで行う方がカンタンだからです。

④二段階認証

6桁の確認コードを入力することを求められます。

この確認コードを知る方法としては、①電話 ②ショートメッセージの二種類あります。

これは②ショートメッセージの方がカンタンなのでこちらを選びましょう。

その後、自分のケータイに届いた6桁のコードを入力して次に進みます。

 

ちなみに僕はショートメッセージがなぜかスマホに届かず、電話で行いました。

電話の場合は最後まで聞いていると、「ワン、ワン、スリー・・・」と1桁ずつ読み上げてくれるので、その値をメモって入力してください。

 

参考

二段階認証とは・・・パソコンの入力だけでは本当に本人かわからないので、ケータイにコードを飛ばしてそのコードを入力してもらって本人の確認を行う認証方法。「なりすまし」や「不正ログイン」を防ぐ目的で用いられる。

⑤ブログをGoogleアドセンスにリンク

ここは少しテクニカルになります。

まず、WordPressのheader.phpを表示させます。

大体、外観→テーマエディター→header.phpで表示できると思います。

もしかしたら、「テーマヘッダー(header.php)」となっているか、子テーマの場合は表示されていないかもしれません。

子テーマの場合は、右上のプルダウンから親テーマを選んで隣の「選択」ボタンを押してください。

そうすると、ファイルの一覧の部分にheader.phpが表示されるで選んで表示してください。

 

そして、Googleアドセンスの画面真ん中下あたりに表示されている「コピー」を押します。

その後、header.phpの<head>と</head>の間の任意の場所に貼り付けます。

中途半端な位置に入れると他の処理に影響を与える可能性があるので、できれば</head>の直前ぐらいがいいですね。

 

コードの貼り付けが完了したら、Googleアドセンスの画面の「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れます。

その後、「完了」ボタンを押してください。

⑥申請完了

以上で、Googleアドセンス審査に申請が完了しました。

審査に合格すると、「②Googleアドセンスアカウントの作成」で入力したメールアドレスに合格メールが来ます。

 

Googleアドセンス審査のチェックリスト

Googleアドセンス審査のチェックリスト

Googleアドセンス審査の申請方法までわかったところで、最後に守るべき項目についてチェックリストを作成しました。

こちらをすべてクリアしてから、申請を行ってみてください。

一度申請して落ちた場合でも使えます。

なお、①~⑤は必須の内容となります。

 

チェックリスト

①ユーザーに有益な記事になっているか

日記になっていませんか?誰かの疑問を解消する記事を書きましょう。

②運営者情報があるか

Googleアドセンス審査の通過には自己紹介ページが必須と言われています。固定ページに自己紹介記事を上げましょう。

③お問い合わせフォームがあるか

同じくGoogleアドセンス審査の通過には必須です。「Contact Form 7」というプラグインでカンタンに作ることができます。

④プライバシーポリシーがあるか

同じくGoogleアドセンス審査の通過には必須です。eurekaはこちらの記事の「6.2.トレンドサイトのプライバシーポリシー」から引用しています。固定ページに追加しましょう。

Liberty-Life-Blog:【コピペでOK】プライバシーポリシーの書き方|AdSense・Analytics対策

⑤免責事項があるか

同じくGoogleアドセンス審査の通過には必須です。④を引用した場合は含まれています。

⑥記事数は足りているか

「10記事や20記事はいらない」と述べましたが、1、2記事で受かっている人は見たことがありません。僕が見た中では少なくとも3記事からです。ある程度の記事数を書いてから申請しましょう。

⑦記事の文字数は足りているか

読者に有益な記事を書こうと思えば、問題提起→解決方法の流れになるので、必然的に1,000文字程度は超えてくると思います。1,000文字以下の記事がある場合は、もう少しボリュームアップしましょう。

⑧規約違反はないか

前述の「制限されているコンテンツ」や「禁止されていること」はしていませんか?

⑨見やすいブログになっているか

見やすいブログの方がユーザーが知りたい情報にアクセスできるので、ブログの見た目は有益性につながります。カテゴリー分けなどを適切に行って、見やすいブログにしましょう。

⑩Googleアドセンス以外の広告はないか

他のアフィリエイトの広告があると、審査に通りにくくなるという話があります。可能であれば、他の広告がない状態で申請しましょう。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。

Googleアドセンスは収益化の入り口ともいえるものなので、ぜひこの記事を参考に合格をもぎ取ってください。

それでは!

-BLOG

© 2020 eureka